ゾエティス フィラリア.com

─ 犬フィラリア症に関する情報サイト ─

やってみよう!今すぐお薬診断

「通年予防」の相談ができる病院を探す

お薬の選択
CHOICE

フィラリア症から守れる薬はさまざま。
より確実に、より安心するために、
相性のいいお薬を見つけましょう。

100%守れるから、安心して。

どうやって守る?

色々ある。フィラリア症予防のお薬

フィラリア症予防のお薬は、3つのタイプがあります。

注射タイプ
効果が長い
  • 獣医師が注射します
  • 1年に1回の注射で
    フィラリア症予防の効果があります
  • 毎月の投薬から解放されます。

通年予防におすすめ!

投与は1年に1回

スポットタイプ
投与が簡単
  • 飼主さまが与えます
  • 犬の首筋に薬液をつけるだけで予防ができます
  • 飲ませる手間がなく、吐き戻しなどの心配もありません

投与は1ヵ月に1回

錠剤タイプ
定番
  • 飼主さまが与えます
  • 食べものに混ぜるなどして与えます
  • 食べやすいフレーバータイプやおやつタイプもあります

投与は1ヵ月に1回

本当に守れる?

フィラリア症予防は、最後までしっかりと

最後まで続けることで、より確実に安心に。
だけど、多くの飼い主さまが、途中でお薬をあげるのを忘れてしまったり、
やめてしまったりしている現実があります。

約1/3の飼主さまが、フィラリア症予防薬を
途中でやめてしまった経験があります。

質問:フィラリア症を毎月処方するタイプで予防をしている方で、過去に一度でも、途中で薬を止めた、
薬を与え忘れたという経験をされたことはありますか。

途中でやめてしまった理由の7割が
「忘れたから」と回答。

質問:フィラリア症を毎月処方するタイプで予防をしている方で、
過去に一度でも、途中で薬を止めた、薬を与え忘れたという経験をされたことはありますか。

※2016年5月実施Zoetis調査 219名対象

続けられるかな?

毎月1回と年1回投与の差

犬と飼主さまの状況に合わせて続けられるお薬の種類を選びましょう。

犬フィラリア症はしっかりと決められたタイミングで予防薬をあげることが大事。
しかし、飼主さまの30%以上が予防を最後まできちんと行っていません。 (※地域によって予防する時期が異なります)

1回で12ヵ月分の効果があるから
投与忘れの心配がありません

こんないいことも

混雑している時期 VS 空いている時期

注射タイプだと、1年に1回でいいから。

注射は1年間、いつでもフィラリア症の予防ができます。 予約がとりにくかったり、待ち時間が多くなってしまう時期を避けることができます。

安心して一緒に暮らすためには、正確な予防が大切。
それをしてあげるのが、飼主さんの愛情です。

フィラリアの「通年予防」、はじめませんか?